インターネットでの出会いで結婚まで!

現代のインターネット

昔と今日のお見合いの違い

お見合いというと、自分の知らない人との出会いを親が決め結婚をするというイメージをする方が多いかもしれません。
昭和時代までは恋愛結婚よりも、見合い結婚によって半ば強制的に家族の意思で話を勧められることが多かったのは事実としてあります。
しかし現代のお見合いは昭和時代までのものとは異なります。
お見合いとは、結婚を望む男女が第三者の仲介によって仲立ちされ、お互いがお互いの事を気に入れば結婚に至るという形式の出会いのことを指します。
お見合いを行うサービスには、「結婚相談所・仲介人型サービス」、「データマッチングサービス」、「インターネット型サービス」と大きく分けて3種類あります。
「データマッチングサービス」と「インターネット型サービス」の2つは、出会った後は2人の意思のみで今後を決定していきます。

お見合いの種類と違い

ここでは上記で挙げた「結婚相談所・仲介人サービス」、「データマッチングサービス」、「インターネット型サービス」の説明をしていきたいと思います。
まず1つ目の「結婚相談所・仲介人サービス」ですが、これは仲介人 やアドバイザーが男女を引き合わせ、実際に出会うまでの段取りをサポートするものです。
次に「データマッチングサービス」ですが、これは実際に会ってからそれ以降の段取りは各々で行いますが、それ以前のやり取りに関してはアドバイザーが存在しています。
最後に「インターネット型サービス」ですが、これは仲介人やアドバイザーが存在せず、やり取りから出会うまでの段取り、それ以降も各々で全て行います。
今回は1番最後の「インターネット型サービス」に着目してみたいと思います。